高気密・高断熱にするための家づくりとは

マイホームを購入する際に高気密な家や高断熱な家を求める人が増えていますが、こういった住宅に住むのであれば夏は涼しく冬は暖かい快適な生活を送ることができるようになります。冷暖房の使用量を減らすことができるので、家計にも地球にも優しいことが魅力だと言えますが、こういったマイホームを実現したいのであればその方法を知っておくことが大切です。高気密や高断熱を実現するための具体的な方法を知っておくと、家づくりの際に参考にすることができるでしょう。

気密性を高めるためには寸法の誤差が少ない高品質な建材を使用し、建材の接合部分には気密シートや気密テープを用いるなどの施行方法が採用されているだけではなく、選ぶ窓の種類によっても気密性が変わってきます。窓には様々な種類がありますが、引き戸タイプのものはパッキンが劣化しやすく気密性が落ちやすいので、パッキンが劣化しにくく劣化しても影響が出にくい開き戸が便利です。開く必要はないけれど採光のために窓を設置したい場合は、開けることができないFIX窓にすることでも気密性を高めることができます。

断熱性を高めるためには断熱材を用いることができますが、これには非常に多くの種類があることを知っておきましょう。ハイグレードのものは断熱性が高いだけではなく、耐久年数が長いので頻繁にメンテナンスを行わなくても快適な住まいを実現することができます。価格を抑える目的で低品質のものを選んでしまうと、湿気を吸収して断熱材が縮んでしまったり、断熱材を導入しているのに効果が感じられないという問題が起こったりすることがあるので注意が必要です。建物の材質も断熱性に大きな影響を与え、鉄と比べるとコンクリート、コンクリートと比べると木材のほうが熱を伝えにくいとされています。熱を伝えにくい素材で住宅を建築しているハウスメーカーを選ぶと、断熱性の高い家を建てやすくなるはずです。

高い気密性や断熱性を目指すためにはいくつかの方法が組み合わせられていることが多いので、どれか1つの方法だけを実施するのではなく、色々な方法を組み合わせて効果を高めることが重要だと言えます。窓や断熱材、家の素材などによって住宅の性能が変わってくるので、プロに相談しながら決めることがおすすめです。家を建てる場合は、建築士に相談することで理想としている高気密や高断熱を叶えるための材料や工法を教えてもらうことができるので、アドバイスをもらいながら家づくりを進めていくと良いでしょう。

おすすめ記事